無利息型普通預金のお取扱いについて

当組合では、平成17年4月1日からのペイオフ全面解禁後も全額保護されます金利が付けない普通預金(無利息型普通預金)のお取扱いを平成17年1月17日より開始いたしました。

預金保険による保護の範囲

預金保険の対象預金等
当座預金
利息のつかない等の条件を満たす決済用預金は全額保護されます。
別段預金
利息のつかない普通預金
(無利息型普通預金)
利息のつく普通預金 元本1,000万円までとその利息等が保護されます。
【1,000万円を超える部分は破綻金融機関の財産の状況に応じて支払われます。】
定期預金
貯蓄預金
通知預金
定期積金
納税準備預金等

お取扱い内容

決済用預金とは、預金保険法第51条の2第1項で規定される次の3つの条件を満たす預金のことをいいます。

・無利息であること(預金規定で利息が付かないことを定めているもの)
・要求払いであること(預金者がいつでも払い戻し請求することができるもの)
・決済サービスを提供できること

普通預金を無利息型普通預金に変更しますと変更日以降お利息は付きません。
無利息型普通預金は、総合口座の普通預金としてご利用することができます。
預金保険制度により全額保護されます。

現在ご利用いただいている普通預金口座を無利息型普通預金口座へ変更される方へ

現在ご利用いただいている普通預金口座をお申込により無利息型普通預金へ変更できます。
ご利用中の各種料金等の口座振替等にかかる変更手続は不要です。(口座番号に変更はありません)
現在お使いいただいている通帳は、そのまま引き続きお使いになれます。(通帳には決済用の旨を表示させていただきます)。
キャッシュカードは、そのままお使いいただけます。

無利息型普通預金口座を新規開設される方へ

口座開設のお申込みにより無利息型普通預金を開設します。
各種料金等の口座振替をご利用する場合は、別途手続が必要になります。
キャッシュカードをご希望の場合はカードを発行いたします。